ツアー:グリーン・スペイン(「北部のルート」の巡礼を含む)

P00054_50ed43a8f3c92    P00054_50ed42315608e    P00054_50ed45d1ed244

このプログラムではイベリア半島の北部を辿ることができます。バスク地方から始まり、カンタブリア地方、アストゥーリアス地方、そして、ガリシア地方へと入ります。これらの地方は独立自治州であるとともに、「グリーン・スペイン」としても知られています。ツアーはリバデオで終わり、その後、サンティアゴ巡礼の「北部のルート」を体験していただくことができます。

 間:

13泊14日

巡礼7区間(193Km)

行程:

ツア

1日目:ビルバオ到着

2日目:ビルバオ

3日目:ビルバオ⇒サンタンデール

4日目:サンタンデール⇒サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラ⇒リバデセージャ⇒オビエド

5日目:オビエド⇒ヒホン⇒リバデオ

サンティアゴ巡礼「北部のルート」

6日目 :第1区間:リバデオ⇒ビラノバ・デ・ロウレンサ (28Km)

7日目 :第2区間:ビラノバ・デ・ロウレンサ⇒マルティニャン (33.8Km)

8日目 :第3区間:マルティニャン⇒ポンテ・デ・サン・アルベルテ (33.4Km)

9日目 :第4区間:ポンテ・デ・サン・アルベルテ⇒マルコ・ダス・ピアス (28.6Km)

10日目:第5区間:マルコ・ダス・ピアス⇒カサルドエイロ (27.3Km)

11日目:第6区間:カサルドエイロ⇒ア・ルア (21.1Km)

12日目:第7区間:ア・ルア⇒サンティアゴ・デ・コンポステーラ (20.7Km)

13日目:サンティアゴ・デ・コンポステーラ

14日目:朝食後、プログラム終了

旅程詳細:

1日目:ビルバオ

ビルバオの空港に到着後、ホテルへ移動。ビルバオで宿泊。

 2日目:ビルバオ

ビルバオの現地ガイドと一緒に町を見学します。旧市街を歩き、サンティアゴ教会やヌエバ広場などを散策、リベラ市場も訪れます。現在のビルバオは、緑豊かな環境と伝統的な雰囲気を残しながらも、斬新な設計の建物が並ぶ町でもあります。エンサンチェやアンドイバーラなどの地区を散策し、世界的に有名なグッゲンハイム美術館や、イベント施設のパラシオ・エウスカルドゥーナなど斬新な建築物を見学します。グッゲンハイム美術館は現在最も著名な建築家のひとりであるフランク・O・ゲリー(カナダ1929年生まれ)によって建てられ、20世紀前衛派建築の素晴らしい例です。

3日目:ビルバオ⇒サンタンデール

 ビルバオを出発し、サンタンデールに向かいます。サンタンデールではガイド付きで町を観光します。この町は、美しい海岸などの自然と調和した歴史的な建築遺産が数多く、またその豊かな食文化でも非常に有名です。ペレダ庭園、大聖堂、キリスト教区のたたずまい、郵便局の建物、サンタンデール銀行、ポルティカーダ広場、マグダレーナ宮殿、メネンデス・ペラージョ大学の本部、エル・サルディネロの海岸、サンタンデールのカジノの建物などを見学します。カンタブリア海沿岸で最も美しい町のひとつであるサンタンデールをじっくりと見学します。

 4日目:サンタンデール⇒サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラ⇒リバデセージャ⇒オビエド

サンタンデールを出発し、サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラへ向かいます。この町は同じ名前を持つリアス式海岸を持つ半島に位置し、オジャンブレ自然公園のちょうど中心にあります。同時に、サンティアゴ巡礼の海岸ルートで重要な場所だったこの辺りの素晴らしい文化遺産の数々も見学します。そして、バルケーラの礼拝堂、城壁、サン・ルイス修道院、サンタ・マリア・デ・ロス・アンヘレス教会などを訪れます。その後、セージャ川によって2つに分けられている町リバデセージャに立ち寄ります。断崖を持つ市街地と都市部が、リアス式海岸の上にかかる橋によって繋がっています。展望台からの眺めや美しい海岸、そして、魅力に溢れた旧市街などの形成するこの町の環境の素晴らしさを十分に味わって下さい。ヌエバ広場(新広場)、イグレシア広場(教会広場)、アタラージャ公園、ポルテジュ地区を訪れます。港の付近ではグルーア公園を散策し、大きな6つのセラミックの絵画であるパネレス・デ・ミンゴテを見ると、この町の歴史がよくわかります。サンタ・マリア地区では、ひと昔前に、南米に出稼ぎに行って帰ってきたスペイン人たちが建てた植民地風の家が見られます。その後は、オビエドへ向かいます。オビエドに到着し、この日の行程は終了です。

5日目:オビエド⇒ヒホン⇒リバデオ

歴史が凝縮しているオビエドの町をガイドとともに散策します。この町は、アストゥリアス皇太子領の首都であり、商業、行政、大学などを基盤とする経済活動が中心です。また、今では世界的にも知られているアストゥリアス皇太子賞(社会に貢献した個人や団体に贈られる賞)の授賞式がこの町で開催されることもあり、毎年、世界各地からさまざまな有名人が訪れる場所でもあります。有名な大聖堂はもちろんのこと、カンポアモール劇場、市庁舎などを見学します。そして、町のあちこちの広場では、国際的な映画監督のウッディー・アレンを始め、さまざまな有名人の像や彫刻を見ることができます。また、この町では、アストゥリアス式初期ロマネスク様式と呼ばれる独自の文化遺産を鑑賞ことができます。特に、サンタ・マリア・デル・ナランコ、サン・ミゲル・デ・リジョやサン・フリアン・デ・ロス・プラドスなどでこの建築様式を見ることができます。 次の見学地はヒホンです。アストゥリアス皇太子領で最も大きい町です。その恵まれた地理的条件から、自然を利用したレジャー施設も多くあり、サン・ロレンソ海岸、港、ヨットハーバーなどを訪れながら、美しい海岸をいろいろな面から楽しむことができます。また、この町の重要な観光スポットとしては、シマデビージャ地区や、サンタ・カタリーナ山、植物園、ホベジャーノス(町の重要人物)の生家などがあります。ヒホン労働大学は巨大な建物で、エスコリアル修道院の2.5倍もあります。敷地内に、教会、公会堂、イスラム風庭園などがあり、ぜひとも訪れたい場所です。そして、この町を後にすると、いよいよガリシア州に入り、最初の町リバデオへ向かいます。

サンティアゴ巡礼「北部のルート」

6日目:第1区間 リバデオビラノバ・デ・ロウレンサ(28キロ)

リバデオの町を見学した後、巡礼に出発。ビレラへ。この町を過ぎてオ・エスフォラドへ。そこからビラマルティンまで上り道。その後、3キロの長い下り道を通ってゴンダンへ。オ・コルベイロを通ってビランノバ・デ・ロウレンサに入ります。この町は、10世紀に建造されたベネディクト修道院で有名。

7日目:第2区間 ビラノバ・デ・ロウレンサ⇒マルティニャン(33.8キロ)

ビラノバ・デ・ロウレンサを出発し、ガリシア州の内部、南へと向かう。サン・ペドロ・デ・トーレを通ってモンドニェードの町へ入る。この後、ロウサダを過ぎゴルタンへ。そして、アバディンから道はア・テラ・チャの土地に入り、ビラルバの町へ。その後、カストロマジョール教区を通って田舎の風景を見ながらマルティニャンへ到着。この日の行程は終了。

8日目:第3区間 マルティニャン⇒ポンテ・デ・サン・アルベルテ(33.4キロ)

マルティニャンを出発。ゴイリスを通ってビジャルバへ。マグダレーナ河の遊歩道を通り、ビジャルダを出る。その後、フェレイラを通って、バアモンデへと向かう。パルガ川に沿って歩くとポンテ・デ・サン・アルベルテに到着。村の名前は、ポンテ(橋)の名前から付けられた。

9日目:第4区間 ポンテ・デ・サン・アルベルテ⇒マルコ・ダス・ピアス(28.6キロ)

ポンテ・デ・サン・アルベルテを出発。サンタ・レオカディア・デ・パルガを通って、サン・パイオ・デ・セイションへ向かう。その後、ミラスを通り、マルコ・ダス・ピアスに到着。この村はルーゴ県とア・コルーニャ県との境にある。この日は、サポートの車で前日の宿泊場所に戻って宿泊(この辺り数十キロ付近に適切な宿泊施設が無いため)。

10日目:第5区間 マルコ・ダス・ピアス⇒カサルドエイロ(27.3キロ)

マルコ・ダス・ピアスを出発。有名な修道院のあるソブラド・ドス・モンシェスに着くまで、ソブラドの沼沢地を歩く。そこから、カストロへ。その後、コレドイラスやガンダラに向かって下る。この行程はカサルドエイロで終了。

11日目:第6区間 カサルドエイロ⇒ア・ルーア(21.1キロ)

カサルドエイロを出発。アルスーアへ向かう。アルスーアは、チーズで有名な町。アルスーアを後にし、森や牧草の間を進む。サルセーダの後にはサンタ・イレーネの高台に着く。同じ名前の村を通り、中世の村の雰囲気が残るア・ルーアへ到着。

12日目:第7区間 ア・ルア⇒サンティアゴ(20.7キロ)

ア・ルアを出発していよいよサンティアゴへ。アルカを通り、ア・ラバコジャを通り、サンティアゴ・デ・コンポステーラ空港付近を通過。「歓喜の丘」という意味のモンテ・ド・ゴソの高台に向かって上る。ここで初めてサンティアゴ大聖堂や街並みを望むことができる。丘を下り、サン・ラサロ地区から市内へ。オス・コンチェイロス通り、サン・ペドロ通りを通って、ポルタ・ド・カミノで通りを渡ると旧市街へ入る。カサス・レアイス通り、アニマス通り、アサバチェリア通りを通ってオブラドイロ広場に到着。サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着して、休憩後、夕食。

13日目:サンティアゴ・デ・コンポステーラ

午前中は、ガイド付きで世界遺産の町サンティアゴを散策。その後、大聖堂の屋上へ上がる見学に参加(天候不順の場合は、散策に変更になることもあり)。午後は自由時間。サンティアゴをじっくり散策。

14日目:朝食後、ツアー終了。

 

お一人様の料金:

 参加人数

グリーン・スペイン

(「北部のルート」の巡礼を含む)

ツインまたは

ダブルルーム

1名分の料金

ツインまたは

ダブルルームの

1名利用の追加料金

 4名〜5名

2475€

495€

 6名〜7名

1970€

495€

 10名以上

2305€

495€

 20名以上

1565€

340€

 30名以上

1335€

340€

最小催行人数:4名から/最高催行人数: 50名まで

 

料金に含まれるサービス:

・4名から7名までの場合はワゴン車使用

・10名以上の場合はマイクロバス使用

・巡礼道中の全行程を伴走車でサポート

・ドライバー(公式ガイドのライセンス所持者)

・ツアー中の宿泊施設は3つ星、4つ星ホテル

・巡礼道中の宿泊施設は田舎風ホテル

・朝食と夕食付き

・ビルバオ、サンタンデール、オビエド、ヒホン、サンティアゴの各地でガイド付ツアー

・グッゲンハイム美術館(現代美術コレクション)見学

・サンティアゴにて歓迎ディナー1回

・旅行保険

・観光インフォメーション

オプションビス:

・マドリッドまたは、バルセロナからツアー開始場所までの移動

・現地日本人スタッフ

・キャンセル補償(旅行保険のオプションのひとつ)

・巡礼道中でのピクニックサービス(サンドイッチ等の軽食)

・サンティアゴ出発のエクスカーション

・サンティアゴでのツアーまたは見学(ツアー及び見学を参照)